//教育理念・沿革
教育理念・沿革 2017-04-10T14:00:38+00:00

教育理念・沿革

教育理念

『社会に貢献できる医療人として、現代の医療技術に即応し得る能力を養い、
「創造性」と「医の心」を備えた人間性豊かな人材を育成する』
それが本校の教育理念です。

沿革

昭和49年 1月 臨床検査技師学校養成所として国の指定を受ける
校舎落成式挙行
所在:旭川市7条通14丁目左4号
2月 北海道知事より学校設置の許可を受ける
名称:北海道医学技術専門学校
4月 開校式、第1回入学式挙行
昭和51年 12月 学校教育法の改正に伴い、「専修学校」の許可(切替)
昭和58年 4月 新校舎落成移転
所在:旭川市西神楽4線5号
平成6年 11月 校舎増築工事完了
平成7年 1月 臨床検査技師科の課程修了者に「専門士」の称号付与
平成11年 11月 住居表示の実施により所在地変更
所在:旭川市緑が丘東3条1丁目1番6号
平成12年 4月 臨床検査技師科のカリキュラムが改正され単位制導入
平成16年 7月 社団法人日本病院会から、診療情報管理士受験認定校として指定
平成19年 4月 社団法人緑蔭会を解散し、学校法人緑蔭会設立(設置者変更)